Kimama-blog

これといったジャンルの決まりもなく気ままにお役に立つ情報をお伝えします。

花火大会

香住花火大会2017は何発?駐車場や交通規制は?よく見える穴場はどこ?

香住花火大会が2017年7月22日(土)に開催されます。

香住花火大会といえば、兵庫県の4大花火大会の1つにあげられています。

特に香住花火大会のフィナーレを飾る100連発花火は圧巻です!

最後の10分間は海面も空も黄金色に染まって、感動そのものです。

その様子の動画をアップしている方がいました^^

2016年のの動画ですが、7分過ぎあたりから100連発花火の映像が見れます。

この投稿された方の動画は、すごくきれいに撮影されてますよね。

画質も鮮明で臨場感たっぷりです。

これを見て行きたくなりませんでしたか?

画面上でこれだけ綺麗ですので、生で見るともっと綺麗に違いありません。

Twitter上でも香住の花火大会はいいと呟く人が多いです。

それに、きれいな海と砂浜もあり、なんかジーンとさせるものがあるんでしょうね。

そんな香住花火大会2017の花火の打ち上げ時間や何発上がるのか?

また、駐車場や交通規制はどんな感じか?よく見える穴場はあるのか?を調べてみました!

スポンサーリンク

香住花火大会とは? 

香住花火大会は「香住ふるさとまつり」のメインイベントを飾る水上花火大会です。

昭和53年に始まり、今回で40回の節目を迎える“香住ふるさとまつり”。  

毎年7月下旬に開催され、香美町最大のイベントとして、多くの方々に楽しんでいただいています。  

メインイベントの“海上花火大会”、海のまち「香住」を象徴する“たらいこぎ大会”など、暑い夏を“涼しく”そして、さらに“熱く”楽しむ仕掛けが盛りだくさんのイベントとなっています。  

今年も、ご来場いただく皆様に美しい花火を楽しんでいただくため、例年以上に盛大なまつりとなるよう取り組んでいます。

引用:http://www.town.mikata-kami.lg.jp/www/contents/

今年は40回目の節目の大会ですね。

晴天を期待します!

 

香住花火大会2017の花火は何発?打ち上げ開始時間は何時? 

香住花火大会2017の花火が何発上がるか?気になりますよね。

打ち上げ花火は昨年と同じ2,500発の予定です。

また、打ち上げ開始時間は20時で約1時間花火が打ち上げられます。

香住花火大会は雨天でも小雨であれば決行されます。

ただし、荒天の場合は延期になりますが、延期日は未定です。 

 

スポンサーリンク

香住花火大会2017の開催場所とアクセスは?

香住花火大会2017は兵庫県美方郡香美町で開催されます。

花火の打ち上げ場所ですが、海上です。

地図で説明すると下図のような感じになります。

 

香住花火大会2017のアクセスですが、JR香住駅から海に向かって徒歩5分程です。

 

車でのアクセス方法

(北近畿豊岡自動車道) → 日高神鍋高原IC → (国道312号線) → 豊岡 → (国道178号線) → 香住

香住花火大会当日は17時頃から豊岡市福田付近から香住まで大大大渋滞になること間違いなしです(泣)

 

電車でのアクセス方法

電車の方が便利と思いましたが、7月22日(土)のJRのダイヤを調べてみました。

豊岡方面 最終電車 20時57分 (ただし、2016年は21時50分に臨時列車が出ました)

浜坂・鳥取方面 最終電車 21時37分です。

フィナーレをゆっくり、見れないばかりか混雑で駅までたどり着けない可能性あり(笑)

やはり花火をゆっくり楽しむのであれば 、泊まりで行くのがベストですよね。

歩いて帰れる宿はコチラ↓

 

香住花火大会2017の夜店や屋台の数は?

町役場のホームページで確認したところ、町内外から約150店が出店予定です。

出店時間は15時~21時30分です。

 

香住花火大会2017の駐車場や交通規制は?

今年の情報は分かりませんが、例年と同じであれば無料駐車場は3,4箇所あり、約2,000台停めれます。

ただし、駐車場は17時30分オープンですが、早い時間に行かないと混雑は必至です。

香住花火大会の交通規制ですが、 シャトルバスも運行されますが、民宿に泊まる人や花火大会だけに来る人やらでごった返します。

 

香住花火大会2017のよく見える穴場は?

打ち上げ場所を囲んで海岸が続きますので、どの場所でもよく見えます。

穴場というのは特にありません。

ただし、一番綺麗に見える場所はやはり正面です。

正面の砂浜に座ってみるのが、一番よく見えます。

有料観覧席はありませんので、早いもの勝ちです。

 

あとがき

とにかく夕方になると、周辺道路はかなり混雑します。

電車で行く人も帰りの切符を先に買っておいたほうがいいです。

 

 

 

-花火大会