Kimama-blog

これといったジャンルの決まりもなく気ままにお役に立つ情報をお伝えします。

試験・資格

第138回年金アドバイザー3級試験(銀行業務検定)の解答速報はコチラ!

2017/10/26

第138回年金アドバイザー3級(銀行業務検定)の試験が2017年10月22日に行われます。

年金アドバイザー3級テキスト

年金アドバイザー3級の試験を受験するにあたって、難易度や合格率、勉強方法またオススメするテキストを紹介します。

解答速報は発表され次第、こちらにページの下部に掲載します。

解答が発表されましたので、このページの下部にリンクを貼っています!
 
スポンサーリンク

銀行業務検定試験年金アドバイザー3級とは?

銀行業務検定試験(銀検)の年金アドバイザー3級の試験ですが、金融機関によっては各種資格の試験がたくさんある中で一番早く試験を受けさせるところもあるくらい重要な位置付けになりつつあります。

老後の資産運用などコンサルティングセールスを展開する上で必要不可欠な知識ですよね。

銀行業務にたずさわる人やそれ以外の人もかなり勉強になります。

20歳以上になれば国民年金保険料を支払うため、自分自身に置き換えながら勉強してみると理解しやすいと思います。

また、「自分の親のもらっている年金って、こんな感じなんだ」と考えながら勉強していくと内容が頭に入っていきやすいと思います。

この年金アドバイザー3級(銀行業務検定試験)に合格してFP3級、FP2級を受けるのもいいと思いますし、それとは逆にFP試験を先に受験してから年金アドバイザー3級の試験を受けるのもいいと思います。

第138回年金アドバイザー3級試験(銀行業務検定)の難易度や合格率は?

合格点は60点以上です。

年金アドバイザー3級試験

前回の受験者の内訳を見ると地銀・信金・農協・郵政の受験者が多いです。

また、年金アドバイザー3級試験の特徴として「その他団体・個人」の受験者が多いのが特徴です。

全体の受験者数の約30%を占めています。

銀行業務にたずさわる人以外の社会保険労務士試験の力試しに受験する人も多いため、しっかり勉強して試験を受ける人が多いです。

そのため60点以上の平均点を出しているのが「その他団体・個人」だけになります。

受験者数の約40%近くが合格していますので、やることさえやっていればそれほど難しくない試験といえます。

わたしの経験からしても、なんか毎回難しくなっていると感じてるのはわたしだけでしょうか?

スポンサーリンク

年金アドバイザー3級試験の特徴

年金アドバイザー3級の試験は「基礎レベル」と位置付けされているため、日本の年金制度の概略・仕組みや、年金額の計算方法の基礎を学ぶことを目的にされています。

しかし、実際にはFP3級に出てくるような簡単な問題ではなくて、かなり難易度の高い問題も出題されます。

3級と思ってなめてかかると痛い目に会います(泣)

年金についても税務と同じように改正が多いため、常に最新の情報をしっかり頭に入れておくことが重要です。

特に新しい変更点などは、絶対といっていいほど試験に出題されますので必ず押さえるようにしてください!

よく出る問題は繰り返し何回でも出題されます!

・中高齢寡婦加算が加算される要件について苦手とする受験者が多いため、繰り返し出題されています。
・特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢(年月)も絶対に暗記が必要です。

 

銀行業務検定試験税務3級の基礎が学べるテキストはコチラ

まず基本として「受験対策シリーズ年金アドバイザー3級」、それと「年金アドバイザー3級問題解説集」の2つは王道で必須です。

年金アドバイザー3級の基礎が学べるテキストはコチラ

また、この先仕事で年金相談業務をするのであれば「年金相談の実務」ならこの1冊で年金相談業務ができるくらい詳しく分かりやすく解説されていますので重宝しますよ。

年金相談の実務〈2016年度版〉

 

第138回銀行業務検定試験税務3級の勉強法

400ページ以上ある年金アドバイザー3級のテキストを通しで1回勉強することをオススメします。

そのあとは過去問を3回程繰り返し解く。

また、下記に記した「年金アドバイザー3級直前整理70」は本当に要点がまとめてあり、分かりやすいので通常のテキストと一緒に購入して勉強することをオススメします。

上の3種類のテキストは年金アドバイザー3級の試験に合格するためのテキストであって、顧客からの年金相談業務を受けたときに役立つテキストとしては少し物足りないです。

 

実際にわたしもこのテキストで年金相談業務をしております。
税務3級直前整理70(16年10月/17年3月受験用) [ 経済法令研究会 ]?
問題を3回解くと自分の弱い分野がハッキリと分かります。

試験直前は400ページもあるテキスト全てを復習するわけにもいきません。

どうしても弱い部分があるのであれば、捨てる問題を決めるのも方法の1つです。

取れるところで、取りこぼしをせずに点数を稼ぐことも大事です。

第138回年金アドバイザー3級試験の解答速報

銀行業務検定試験の年金アドバイザー3級の解答速報が発表され次第、こちらに掲載します。

解答ページへのリンクです↓

第138回年金アドバイザー3級の解答ページはコチラをクリック

 

その他の解答

第136回年金アドバイザー3級の解答ページはコチラをクリック

第136回銀行業務検定試験税務3級解答速報はコチラ! 

第136回銀行業務検定試験財務3級解答速報はコチラ!

第136回銀行業務検定相続アドバイザー3級試験の解答速報はコチラ! 

 

まとめ

直前の年金改革については、常に頭に入れておく。

過去問についても、すでに年金制度税制そのものが変わっていることも多いため注意が必要です。

 

-試験・資格