Kimama-blog

これといったジャンルの決まりもなく気ままにお役に立つ情報をお伝えします。

テレビ

田中正人に妻や子供はいる?年収いくら?過去の優勝経験は?

2017/03/26

アドベンチャーレーサーの田中正人さんが「クレイジージャーニー(2017年3月23日放送)」に出演されます。

田中正人

アドベンチャーレーサーって何?って思った人も多いのではないでしょうか?

私も番組名は忘れしましたが、1度だけNHKの番組で観たことがありますが、「へ~っ、そんな職業あるんだ」程度しか思いませんでした。

しかし、今回もっと詳しく知りたいと思ったので、日本のプロアドベンチャーレーサーの第一人者である田中正人さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

田中正人が挑むアドベンチャーレースとは何?

アドベンチャーレース(Adventure racing)とは、山、川、海など、各地の自然をフィールドに、多種目なアウトドア競技をこなしながら、ゴールを目指すレースである。チーム戦で行われるものが多い。
アドベンチャーレースは、本来、スタートからゴールまで、夜間行動もある3日以上の超長距離レースである。国内では、1~3日のレースが開催されている。

主な種目は、オリエンテーリングを伴うトレッキング・マウンテンバイク・パドリング・ロープワークなど。

各レースにより、競技種目、チーム人数が異なる。1チーム3~7人(男女混成)で構成されるレースが多いが、レッドブル X-Alpsのように事実上の個人戦(競技者1名+同行者1名)で争われるレースもある。

出典:Wikipedia

過酷を究めるアドベンチャーレースの動画はこちら↓

田中正人の年齢や身長、体重は?

身長は178センチ、体重67キロと公表されています。

年齢は1967年12月2日生まれなので、今年50歳になります。

体力的にはキツイと思います。

でも、以前テレビで観た時に思ったのは、体力はもちろん必要です。

しかし、チームでの数日間のレースになりますので経験・判断力・チームワークなども必要で決して体力だけでは優勝できないと思いました。

スポンサーリンク

田中正人がプロアドベンチャーレーサーになったきっかけは?

1993年第1回日本山岳耐久レースで優勝したことがキッカケで間寛平チームに誘われ、アドベンチャーレースというものを知ります。

翌1994年の27歳の時にレイド・ゴロワーズ(ボルネオ大会)に間寛平チームの一員として出場し、15位で日本人初完走。

1995年の28歳の時に8年勤めた会社を辞めてプロアドベンチャーレーサーとして独立。

いやー、すごいです!

本当に自分の夢に突き進むなんて!

田中正人の妻や子供はいる?

素人の私が考えですが、
怪我はつきもので、いつ亡くなってもおかしくない職業 

普段からトレーニングもしっかりしておく必要がある

なので、結婚しているならば、すごく寛大な奥さまだろうと思いました。

調べた結果、2001年に結婚されてました!

田中正人さんの妻は同じアドベンチャーレーサーの竹内靖恵(たけうちやすえ)さんと結婚されています。

なるほど、奥さまも同じアドベンチャーレーサー!

このパターンなら旦那の仕事に理解があるはずですよね(笑)

田中正人さんの子供はいる?

小学生3年生の女の子がいます。

田中徳(たなかあきら)さんという名前です。

田中正人の年収はいくら?

年収となるとレースの賞金とかすべてになりますので想像がつきませんが、、、

本を出版されたり、講演会やトークショー、またTVに出演されたりしてるので、それらの金額は分かりませんのでアドベンチャーレースの賞金を調べてみました!

海外の大きなレースでは優勝賞金2,000万円を超えるレースもあります。

日本のレースでは優勝賞金が10万円や賞金がなかったりと、まだまだ海外と比べるとプロスポーツとしての認知度が低いです。

なので、アドベンチャーレーサーとして食べていけるか?と問われれば無理としかいいようがないですよね。

その普及活動をしているのも田中正人さんです。

田中正人のアドベンチャーレース優勝経験は?

プロになってから海外のレースにかぎると、2位は3回あります。

優勝は中国杭州で2006年に開催された「The International Mountain Outdoor Sports Challenging」で横山峰弘・駒井研二・佐藤浩巳の4人のチームで優勝経験があります。

あとがき

日本でもアドベンチャーレースの認知が広まればいいですよね。

オリンピック競技のマラソンよりも過酷で駆け引きや戦略、チームワークも必要となるこの競技がもっとメジャーになることを願います。

-テレビ